今年の新卒者、来年の新卒者

お問い合わせフォーム

最近、夏も終わって皆さん色々考える時期なのか、ご相談をしてくださる方が増えてきました。

多いのは「今年の新卒者」と「来年の新卒者」の方たち。

若くてパワーのある年齢の子達を相手に逆に刺激をいただいています。

 

「夢と希望にあふれたいけどどうしていいのかわからない」

このモヤモヤはすごく大事だなと思います。

なにかきっかけがあればすぐ飛躍できそう。

 

「とりあえず美容師やりたいけど、面倒くさいところとか無理」

…こんな人はマジで今すぐ美容師やめたほうがいいと思う。

 

そんなに甘くないし、売れなくて終わる。

雇ってくれる場所は制限されてくるし 自分のテンションも上がりにくくなる。

 

「美容師やりたいけど、他の業種の話を聞くと待遇の違いなどで羨ましくなる」

まだアシスタントしか経験のない方は、とにかくスタイリストになってから判断しても問題ないのでは?

 

アシスタントはあくまで「美容師助手」 。

スタイリストになるまでは職業では「美容師」だけど本当の「美容師」ではないという意見もあるから。

スタイリストになってはじめて「美容師の楽しみや喜び」がわかる。

なるまでは大変だけど是非味わっていただきたいです。

 

2

 

来年の新卒の方は、悩みというよりも「不安」のほうが強いですね。

人間は環境の変化を性質的に嫌うみたいで 「今の自分の環境や習慣」にないものを 取り入れることができにくい構造になっているみたいです。

 

そこで自分が思っているよりもハードルが高い環境に身を置いてみる。

そこでとりあえずもがいてみる。

嫌なこととか大変なこととかあるけど続けてみる。

スタイリストになってみる。

月売上100万やってみる。

指名のお客様を月300人呼んでみる。

なにかに挑戦して結果を出して達成感を味わってみる。

そして次のもう少し難しいことに挑戦する。

そのためにするべきことをタンタンとやる。

わからなかったらググったり誰かに聞いたりする。

 

自分が「いけるな」って思うのより「少しでも上の環境」に飛び込むのが、自分を成長させる近道になるのかもしれないですね。

 

菅原紳のFacebookはこちら⇒友達申請

Twitterフォロー⇒@sugawarashin

大歓迎です!

お待ちしております!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ