お客様との信頼関係

お問い合わせフォーム

昨晩、いつもカットをさせて頂いているメンズのお客様から連絡がありカットしました。

その方はBMW営業部のセールスコンサルタントをされているバリバリの営業マン。

しかもイケメンです。

いつも会話をしながらお勉強させて頂いております。

 

その方が毎度おっしゃるのは

『とにかくお客様に違和感を感じさせないこと』

 

あれ?

こないだ言ってたことと違うぞ?

これ前も言った気がするんだけど。

パンフレットに書いてあることとなんか噛み合わないな。

 

こんなに細かいことでも、お客様は小さく違和感を覚え一度考えてしまうようです。

とにかくリラックスして頂かなければBMWのような単価の高い商品はお買い求めいただけないのですね。

 

この『人』ならBMW買ってもいいかな。

この『人』ならシャンプー・トリートメント買ってもいいかな

 

単価は違うけど全く同じ話ですね。

 

考える暇を与えないほど楽しんで頂いて

考える暇を与えないほどリラックスして頂いて

考える暇を与えないほど安心して頂いて

考える暇を与えないほど信頼して頂いて

初めて心から『この人から買いたい』と思っていただけるのかもしれません。

 

無理やりメニューアップさせるのか?

お客様に本当にいいものを提供してメニューアップになったのか?

全然違いますね。

 

『この人から買いたい』と思われる接客、技術、空気感。

会得しましょう。

 

ちなみに、その方は本日BMWからマクラーレンにステップアップする面接の日。

結果は…

 

見事採用です!

おめでとうございます!

 

高級車からスーパーカーにキャリアアップ!

さすがです。

(俺のカットがよかったんだな…)

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ