美容業界『個』の時代

お問い合わせフォーム

美容業界に限らずなのかもしれませんが今は完全に『個』の時代ですね。

 

「あそこのサロンでカットしてもらいたい」 …なんてあまり聞かなくなりました。

「○○さんに切ってもらいたい」 という個人の人気があるかどうかの時代になっています。

 

だからこそ『個人ブランディング』が必要になってきます。

最近美容業界でも「ブランディングのセミナー」みたいのも増えてきました。

まずやることは「ブランディング」ってググるところからスタートです。

 

自分のブランディングなら相手目線で「自分のイメージ」をもってもらうこと。

そのイメージを「よりよいイメージにしていただくための努力」がブランディングですね。

わかりにくいかな。

 

自分のことを知ってもらって、いいところも覚えてもらうこと。

 

つまり『個』の時代になると

「自分のことを知ってもらって、こんないいところもあるよ」って

アピールしていかないといけない。

まず知ってもらうためには発信しなくてはならない。

 

美容業界『個』の時代2

 

何を、

なぜ、

誰が、

誰に、

いつ、

どこで、

どのように、

…伝えていくのかをはっきりさせないといけない。

(6W1Hでググってください)

 

今はお金を投資しなくても発信できるツールがあるので、

それを活用されている方が多いですね。

 

それがSNSやブログなどの手段。

それをやったほうがブランディングができるから

都内の有名店の方たちも毎日のようにアップされています。

 

「そんなの自分はやらなくても大丈夫」って考えている方もいるかもしれませんが、

そういう方は他のアイデアがあるってことなのかな?

 

僕は「こんな投資額も少なくて自分をアピールできるもの」が思いつかないので

ほぼ仕事にしか使いません。

 

でも「こんなキャラクターがブログではうけるはず」とか

「こういうこと書いたほうがウケるかも」とか

そういうのは「ブランディング」ではないはず。

僕はそういうの嫌い。

 

だったら最初のほうは書く内容がヘタクソでも

正直に素直に思ったことを書いてって、

段々いいこと書けるようになってきたなーのほうが断然いいはず。

 

だから僕はまだまだ文章が下手だし、

なかなかいいことも書けないけど

そのうち美容業界がザワつくくらいのことが書けるようになる。

 

そのための【継続】

もっと【素直に】

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ