劇団ひとりの小説

お問い合わせフォーム

「本を読む」ようにしているんですが、
最近は難しいビジネス書・啓発・コーチングの本を読んでいて、
事務所で読みたい本を見つけて違う本を読みました。
 

『陰日向に咲く』
(かげひなたにさく)
― 劇団ひとり

2

2006年の作品なので今から9年前。

劇団ひとりさんが29歳のときの作品です。

今の僕よりも年下のときの作品なんですね。

 

めちゃくちゃおもしろいんです。

普段僕はあまり小説を読まないのですが、電車を乗り過ごしそうになるほど面白かったです。

 

元々「劇団ひとり」さんが芸人としても大好きです。

ネタも好きだし、トークも好き。

「頭のいい方なんだなぁ」といつも感心しています。

知性がある方が好きです。

3

その劇団ひとりさんの29歳のときの脳みその中が、
そのまんま映し出されたのがこの本なんだなと思います。

ビートたけしさんに憧れて影響されているというのもわかりました。

たけしさんの本も読んだことがあるので。

 

ちなみに2010年に「青天の霹靂」という2冊目も出しています。

4年間で劇団ひとりさんの
『ブレていないところ』
『心情の変化』
『進化しているところ』
…などが見られるのかなと思ったので「amazon」でポチりました!

1

中古で40円でした!笑

 

僕もブログを書いてみたり「文章を世に輩出していこう」という身なので、
「僕らしい文章」を創っていかないといけないなと思いました。

ストレートに自分を表現したくてもなかなかできなかったりするので。

 

僕は『映画』を創りたいと言っている友達にも影響されているので、
そのうち小説を書いてみるっていうのも面白いかもしれませんね。
 

菅原 紳のFacebook⇒友達申請

Twitterフォロー⇒@sugawarashin

『LBB公式LINE@』ID
↓ ↓ ↓
LINE友達申請

大歓迎です!
申請お待ちしております!
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ