新しい美容師のあり方という仮説

お問い合わせフォーム

今の美容業界は「ネガティブなイメージ」が先行している気がします。

「離職率がダントツで高い」のには理由というかみなさん「思うところ」があるからです。

 

「昔はもっと厳しかった」

「今の若いやつらは…」

…こんな意見は当然のように却下。

 

【時代が違う】

環境も違うし、情報も違う。

周りにある他業種がやっていることも違う。

政治も違う。

 

「美容師になろうかな」って思ったら

今の人たちはまずスマホで検索でしょ。

 

美容師がネガティブなことをツイートする度に、

美容師になりたいって人たちはそれを見ている。

 

まずそれで「美容師になりたい」って人も減る。

現在美容師をされている人も減る。

 

…でもそれ以上に切実な悩みは

『稼げない』ということ。

 

雇われのときは給料も安いけど、

独立すれば稼げるというのも今じゃ厳しい【時代】。

増えすぎちゃってレッドオーシャンなんてものじゃありません。

 

今は「面貸し」、「業務委託」など安売りサロンで働いても

それも増えすぎちゃって5年もそのサロンが続いたらすごいほう。

 

まだ安売りサロンが少ないエリアに都落ち、

そこのエリアも増えすぎちゃったらまたエリアを変えて都落ち。

「どこまで行っちゃうの?」って方もいらっしゃいます。

 

もう稼げてないんだから安売り店での業務委託なんてメリットがない。

 

「別に全然稼げなくていいから時間が欲しい」

「今のところは今は稼げるから稼げなくなったらやめる」

…こんな人だったり、ママさんだったり、ヒモやってる方とかだったらいいのかも。

 

でも稼がないといけない男たちは今すぐやめたほうがいいと思う。

 

そんな事しているヒマがあるなら、

「なにをすればゲストに【価値】を見出せていただけて単価はあがるのか」

「自分の1番の【商品】となんだろう」

「他の人がやってなくてゲストが喜んでくれる自分ができることはなんだろう」

…こんなこと考えながら

「割引しなくても来店してくれる高単価なお客様」と、

1人でもいいから『信頼』で繋がる努力をしたほうが賢明であると思います。

 

ただそれには時間も体力も気力も使うことだし、

すぐには結果も出ない。

でも、それが美容師の仕事の本質だと思う。

 

あとは【ビジネス】的なことを学ぶ。

もっと視野を広げてビジネスのことを学べば

雇われていてもオーナーさんでも「自分の能力を100%近く」引き出せるはず。

 

あとは【美容師】というカテゴリーの枠をもっと広げる。

今は都内の有名なサロンでアパレルをやっていたり、

都心のエリアの美容室でTOYOTAとコラボをして車を販売しているところもある。

そういうジョイントベンチャーも大事だと思う。

 

僕は美容師だったらできれば『ゲストが美しくなるお手伝い』ができることが思いついたときに

自分の強みではなかったり、できないことがあればジョイントをしたり外注に頼むのはいいと思う。

 

11874048_892330577512951_300405616_n

 

自分の働いているサロンが「自由にいろんなことをさせてくれない」って人はやめたほうがいいかも。

単純なものではないけど。

 

絶対に他の美容師たちと同じ事を低レベルでやって埋もれてはいけない。

全ての行動をする目的を明確にする。

とにかく自分の理想の美容師になることを考える。

とにかく自分の理想の自分になることを考える。

 

そもそも美容師って仕事はいい仕事なんだから自信持って精進すればいい。

上を向かないと。

 

11267891_892330587512950_1868222299_o

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ