美容学生さんの就活について(サロンの決め方)

美容学生さんの就活について(サロンの決め方)

お問い合わせフォーム

「就活をしていて本当に自分にあったサロンかどうかの判断はできていますか?」

「どのサロンに就職しようか」…なんてワクワクしながら選ぶのは楽しくて大変な作業ですよね。

 

ただ、現状として就職をして3年間で7割の人が美容師自体をやめてしまっているデータも…

 

美容師を全力で楽しんで続けられている人もいるので、
一概に美容室自体が悪いと断定してしまうのもおかしな話。

 

誰もやめようと思って就職はしないし、
やめさせようと思って採用もしないですよね。

 

それでもやめてしまう理由としては
・聞いてなかった、知らなかった
・入る前と入ったあとでイメージが変わった
・パワハラされた
・ハードワークすぎる
・入社前の話に嘘があった

入社後すぐにやめてしまう人の主な退社理由としては、このようなことがあげられます。

 

そうなってしまうのも就職先の決め方が、
・ブランドサロンのイメージで決めている
・ホットペッパーなどの画面の雰囲気で決めている
・オーナーさんだけ(就職担当)の話だけを聞いて判断している

…このような決め方の人が多くいます。

 

本当に必要なのは「自分が活躍できるサロンかどうか」だと思います。

 

エリアやスタイル写真、内装ももちろん大事ですが
毎日のように通って過ごす場所で
内装も見ていて慣れてくるし
サロンのスタイルを切るまで2〜3年くらいはあります。

 

そのブランドは本当に自分のキャリアの中で必要なのか?

 

もちろん、そういうブランドサロンで活躍できる人もいますが、
「どういう美容師になりたいか?」を、予め考えた上で、それにあったサロンを探せれば一番ですよね。

 

ただ、そんな簡単にイメージできる人なんてほとんどいません。

 

それなら一度、「美容師の就職のプロ」と話をして、就職を整理してみませんか?

 

上に書いたやめてしまう理由、決め方などの問題は「解決する方法」を知っています。

 

東京、神奈川の方ならサロンも紹介できます。

新卒の人は今の所、僕が紹介したサロンを退社した人はいません!

 

「僕から紹介されたサロン」を受けるかは自由。

 

話すだけで自分が整理できたり、就職先を決めるヒントになるかもしれませんよ。

 

まずはSNSのDMからの相談お待ちしております!

是非フォローもよろしくおねがいいたします!!

 

■Twitter 【美容エージェント】菅原 紳

 

■Instagram Shin Sugawara
https://www.instagram.com/shin1114s/

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ